アクティブ制御式とは

| 未分類 |

アクティブ制御式とは、自動車の乗り心地を改善するデフ機能が付いている車のことを言います。

???? Vol.128 ???????????

リミテッド・スリップ・デフ(LSD)もそうですが、自動車ならではの機能といえます。
なぜなら、自動車は自由に路面を走行する乗り物です。言い換えれば、路面が平滑なら滑らかに、デコボコならばデコボコにキャビンスペースも動くのが普通であるからです。

 
LSDはタイヤの回転数に差が生じることによる不都合を打ち消して運転しやすくしたり乗り心地をよくしたりするものですが、アクティブ制御ではキャビンスペースの揺れを打ち消すことで運転しやすくしたり乗り心地をよくするものです。
自動車は自由度が高く速度も高いために揺れの影響が大きく、また駆動輪が2つまたは4つと複数あるためそれぞれの路面との摩擦が異なるのが普通なのです。

 
この状態から生じる不都合を走行性能から解消しようとするのがLSD,乗り心地の側面をケアしようとするのがアクティブ制御といえます。
このことからわかるように、両社は技術的には一体ともいえるほど近い技術です。
今の自動車には電子制御によって双方の要請を満たすようなデフが開発、搭載されています。
このような技術が、安心して運転できる自動車となって安全に貢献しているのです。