回転感応式とは

| 未分類 |

???? Vol.128 ???????????

 

同じ車軸に付いているタイヤの回転数の差を吸収するために付いているデファレンシャル・ギアですが、多く回る方にたくさんの駆動力を伝えてしまう欠点もあります。

 
それを補うのがリミテッド・スリップ・デフ(LSD)です。
このLSDは大別して回転感応型とトルク感応型があります。
したがって、回転感応式とは回転数の差を感知して作動するLSDということになります。
回転感応型はその字の通りタイヤの回転数の差があった場合に作動するので、差が生じなければ作動しない仕組みです。
不必要な操作を行わないため運転感覚があまりズレないといえるでしょう。運転感覚が安定しているのが利点といえます。
しかし、回転数に差が生じないと作動しないのでタイヤの駆動力とは無関係に作動の有無が決まってしまいます。
こうしたことから、グリップ力に対して駆動力の大きい高性能の自動車、すなわちスポーツタイプの自動車やクロスカントリー仕様の4WD車には不向きです。

 

 
それはこうした自動車の駆動力の大きさゆえに回転数の差が生じにくく、片方のタイヤがスリップしてしまう状態を完全に解消することができないからです。
ただ、タイヤにかかる負担が少なく燃費の向上にも利点がることから主に一般向けの自動車に装備されるLSDといえます。