ブレーキLSDとは

| 未分類 |

「ブレーキLSD」とは、一つのタイヤが空転した場合に別の空転していないタイヤに駆動力を多く伝えるため、空転しているタイヤの回転を抑える機能を持つLSDのことを言います。
LSDとあるように、これはリミテッド・スリップ・デフの一種です。
もともと、LSDはデファレンシャル・ギアの欠点を補う技術です。
デファレンシャル・ギアとは、同じ車軸にあるタイヤでそれぞれ回転数の違いが生じた場合にその差を吸収する仕組みです。
これにより自動車は真っ直ぐ進むことが容易にできるのですが、回転数が多い方に駆動力をたくさん伝えてしまうものでもあるのです。
これでは一方のタイヤがスリップしている場合、スリップしている側に多くの駆動力が伝わってしまい、グリップしているタイヤに駆動力が伝わりにくくなります。
そうなると、自動車は走れない、ということになりますよね。
こうした欠点をLSDが解消し、十分な駆動力を得られるようにしているのです。
LSDはトルクや回転数を感知して作用します。そして回転数を制限する仕組みとして機械的に行われるのが従来でした。
それが今の技術ではそれぞれのタイヤの回転数を独立して制御できるので、スリップしているタイヤにだけブレーキをかけて回転数を抑えることができるようになりました。

観葉植物01
こうすることで、安定した走行がより楽しめるようになりました。